TEL:086-227-0113
info@gopher-tec.jp
TOP page 製品情報 FPGAソース Four 7Seg-LED Dynamic Display
Four 7Seg-LED Dynamic Display

4桁の7セグメントLEDをダイナミック点灯させるサンプルコードです。

ここでのダイナミック点灯は、使用するピン数と外部ドライブ素子数を少しでも減らしたいというのが選択
の主な理由で、消費電流を低減したいとか、プリント基板の配線をシンプルにしたいとかは、本サンプル
コードでは考慮していません。
プリント基板の接続は、ダウンロード資料をご覧ください。

本サンプルコードのダイナミック点灯は次の巡回を繰り返します。LEDによって反応時間が異なるため、
実際の表示を見つつ微調整して下さい。

 1桁目だけ1.8ms点灯 →2桁目だけ1.8ms点灯 →3桁目だけ1.8ms点灯 →4桁目だけ1.8ms点灯 →1桁目…

Name I/O  Description 
CLK25M in クロック入力です。本モジュールはこの信号の立ち上がりエッジで動作します。
名前の通り25MHzを想定しており、それを元に表示周期を作っていますので、
別の周波数を入力する場合には、内部のカウンタを変更する等して下さい。
RST
in 非同期リセット入力です。パワーオン時、またはシステムリセット時にアサートして下さい。
LED_7S_DIG1[7:0] in 1桁目の表示入力です。ビットと表示部の割付けは、これら各桁の入口の8ビットと
出口であるLED_7S_A[7:0]の8ビットとで一貫性があればどんな順序でも構いません。
1で点灯、0で消灯を意味します。
LED_7S_DIG2[7:0] in 2桁目の表示入力です。
LED_7S_DIG3[7:0] in 3桁目の表示入力です。
LED_7S_DIG4[7:0] in 4桁目の表示入力です。
TRIM_TCYC[1:0] in ダイナミック点灯の巡回時間を微調整するためのトリムです。
詳しくはソースコードでご確認下さい。
LED_7S_A[7:0] out 7セグメントLEDのアノード端子ドライブ用の信号です。
電流制限抵抗を介して、4桁で8本にまとまったアノード線に接続して下さい。
LED_7S_C[4:1] out 7セグメントLEDのカソード端子ドライブ用の信号です。
本出力はエミッタ接地したNPNデジトラのベースに接続し、そのコレクタ側を
各桁のカソード端子に接続して下さい。
※特に注記のない限り、信号は全て正論理です。
本ソースコードはVHDLとVerilogを用意しています。
詳細は下記の資料ダウンロードをクリックください。
ソースコード自体は当社WEBストアにて販売しております。

Four 7Seg-LED Dynamic Display
資料ダウンロード