TEL:086-227-0113
info@gopher-tec.jp
TOP page 製品情報 FPGAサンプルコードリポジトリ Binary Counter with Re-Sync-Out
Binary Counter with Re-Sync-Out

カウンタの動作クロック以外のクロックに同期したオプション出力を合わせ持つ、16ビット
バイナリカウンタのモジュールです。
単純にカウンタ値を別のクロックでサンプリングしただけでは、そのタイミングによって、カウンタ
変化時の過渡状態をサンプリングしてしまう場合があり、一時的に誤った出力をしてしまうことが
あり得ますが、本モジュールはその対策回路を含んだものとなっています。ライトとリードとでクロック
の異なるメモリサブシステムのポインタとして、またFIFO状態監視用のカウンタ等の用途に最適です。

Port I/O  Description 
RESET in 非同期リセット入力(Active High)です。
パワーオン時、またはシステムリセット時にアサートして下さい。
CLK_A in カウンタ動作クロックです。
CNT_UP_A in CLK_A同期のカウントアップ・ストローブ信号(Active High)です。
Hiを入力するとカウントアップし、Loを入力すると以前のカウント値を保持します。
CNT_OUT_A[15:0] out CLK_A同期のカウンタ出力です。
CLK_B in もう1つのクロック入力です。
CLK_Aとの位相関係・周波数関係は不問です。
CNT_OUT_B[15:0] out CLK_B同期のカウンタ出力です。
※特に注記のない限り、信号は全て正論理です。
本ソースコードはVHDL版とVerilog版となっております。
詳細は下記の資料ダウンロードをクリックください。

Binary Counter with Re-Sync-Out
資料ダウンロード